おっさん家の陰謀。

便利で美味くてしゃーないねん

スーパー行ったら「麦飯で納豆御飯ワシワシ食いてえ」て思って麦飯と納豆
買ってきた。でも帰宅したら炊飯するのめんどくさくなってやめた。
麦 飯 納 豆 衛 門 、 表 舞 台 よ り 去 る

 

■本日のリザルト 
体重:116.4   Kg  
前回比:+0.6kg 
初日比:-2.8kg 
冬でも体重減らせる人をまじで尊敬する

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■文章
重臣1『何ということだ。パスタがここまでも家中を掌握してしまうとは。
重臣1『宿老(筆頭家老)のスムー爺殿が隠遁されて依頼、あのものが
   事実上の筆頭家老…。
重臣2『結局の所は、スムー爺殿もパスタの専横に嫌気をさして
   去ってしまったというのが本当のところであろう。
重臣1『それに、カ◯リミトウ殿…。
重臣1『一時は重用されたあの御方も、パスタが家中を掌握した後は
   もはや用無しとされて役目を解かれてしまったというではないか。
重臣1『大殿もそうじゃ。
重臣1『この冬、彼奴(きゃつ)めが「レンジでチンするパスタ」を
   献策するや、今や大殿は、毎日パスタを食うだけの
   生き物になってしまった。
重臣2『パスタ、あな恐ろしや。
???『まだじゃっ!!
重臣1『うっ!?誰じゃっ!
重臣2『そなた…カ◯リミトウ殿か!!
パスタに翻弄されたカ◯リミトウは、年齢相応よりも老けて、かつ凶相味を
おびているように見える。
カ◯リミトウ『パスタの専横許すまじ!!
       われらは麦飯一族の麦飯納豆衛門を担ぎ出し、
       巻き返しをはかろうぞッッッ!
重臣1『おおっ。麦飯一族の…麦飯納豆衛門!
重臣2『ウムッ!


筋肉太郎『…。
密謀の参加者のひとり、筋肉太郎だけはひとり冷静であった。
カ◯リミトウのアジテーションは、その言だけを切り取れば単純で、
幼稚ですらある。だがそれが、パスタへの憎悪という味付ひとつで
重臣らを魅了している。カ◯リミトウの油断がならぬのは、激情のさなかですら
それを頭の中で計算しているであろう事にある。
肉体労働者にとって塩味が甘露であろうように、当家の蒙昧な重臣らに
必要なものは、復讐に燃える激情の人という味(神輿)である事を
理解しておる。



筋肉『なんという事だ…。家中は今まで、糖質の者とは一定の距離を
   保っていたというのに。パスタとカ◯リミトウが登用され以来、当家は
   なにやらおかしな方向にすすんでしまった。
   パスタ憎しのあまり、みな当家の天下統一(ダイエット達成)という
   主目的を忘れてしまっているのではないのか?

   そもそも、ダイエットを論じているにもかかわらず、なぜいつも
   節食や食う物の話に終始するだけなのか!?
   重要なのは運動ではないのかっ!?
   何ゆえそれに、誰一人言及しようともせぬのか!?

   このカ◯リミトウという男、賢い頭で
   当家のそれらの欺瞞などお見通しであろう。
   わかった上で、無視しておる。
   パスタに替わり、この男が家中を掌握する事になったとして、
   この男は、大殿の自堕落な性格を変えようなどとは
   せぬであろうな。

筋肉太郎は本来憂国の士である。だがそれもその舞台があってのこと。
筋肉太郎に、愚鈍な主を導き、パスタやカ◯リミトウを出し抜く智謀はない。
太郎自身が、そう、自覚していた。
ゆえに、太郎は今しばし口を閉ざす事にした。

―かくして、パスタ打倒のため、半パスタ派ら重臣の推挙により
ひとりの若者がおっさん家重臣に抜擢された!

麒麟児麦飯納豆衛門
乱世に降臨す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする